5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

逝きるヒント

1 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/04/30 22:46
みなさんの人生の指針になればいいと思ってます

2 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:47
そうか

3 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:47
僧可

4 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:47
層化

5 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:48
草加

6 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/04/30 22:48
悩みはなんですか?

7 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:48
波亜波亜

8 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:48
添うか

9 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:49
躁か

10 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:49
僧か

11 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:49
so car

12 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/04/30 22:50
人生はもうほんとに酷いものだけれども、それを投げ出してしまうほどではないんです

13 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:50
おまえみたいな致傷が存在すること

14 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:50
相加

15 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:51
繰か

16 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:51
胃切る

17 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:51
1は包K

18 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:52
副うか

19 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:52
差別を非難するのもまた差別である。

20 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:53
最近のお若い方はヒントではなくて、すぐに答えを求める傾向がありますな

21 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:53
沿うか

22 :美菜子 ◆q3Zs5HJaEI :03/04/30 22:53
自分の人生に真剣に恋することですよ

23 :惨太 ◆jLkYoTe1dA :03/04/30 22:54
>>12人生とは、重き荷を背負いて遠い道を行くが如し、道端には花も咲いているでしょう。ですか

24 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:54
創価学会

25 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/04/30 22:55
>>13
これもいい質問です
ひとりの人間が生きていく上で、どうしても避けては通れない問題なんですね
例えば、就職、結婚、その他人間がともに暮らしてゆくという状況があり
自分とは価値観が全く違う人間と生活の一部を共有せざるを得ないんですね
だけども、僕はこう思う
人間とは一人一人違っていなければ、やっぱり愉しくなんですね
面白みもなければ、競争も生まれないわけです
一見してこのような世界観がまた理想的であると思う人も居るかもしれません
だけど、それじゃつまらないと僕はやっぱり思うんですね


26 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:55
近道ばかりの糞人生が

27 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:55
人は死ぬ為に生まれてくるのだよ・・・ククク

28 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:56
総科

29 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:56
スカラー波

どうよ?

30 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:57
和田アキ子

31 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:58
>>22
また喪前か

32 :Mr.名無しさん:03/04/30 22:59
競争は飽きました
比較も嫌になりました
相対性などもういりません

33 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/04/30 23:00
>>27
これは言い得て妙だと僕は思うんですね
といいますのは、人間は泣いて生まれてくる、とよくいいますよね
人生なんてつらいものを目前に控え、避けられない運命を受け入れられず
いやでいやで堪らない、というんですね
それもまた人生じゃないかと思うんです
確かに人は誰しも必ず死を迎えるわけで、決してある特定の人が
この限りではないといった状況が在り得ないんですね
ですから、人が死ぬために生まれてくる、そしてつらい人生という運命を与えられ、
泣きながら生まれてくる
言い得て妙ですね


34 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:00
>>47
萎えてつかわす

35 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:01
はてさて、ただ単に言葉遊びを楽しみたいのか。
それとも、真なる言葉で人を動かしたいのか。
>>1のお手並み拝見と逝きましょうかの。ほっほっほ。

36 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:02
>>33
違うよ、赤ちゃんが泣くのは
1が包茎で顔がキモくて、猫背だからだよ。

37 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:02
逝ってきます

38 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:03
>>37
ついでにポテチとウーロン茶買ってきてくださいな。

39 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:06
定番はコッペパンにコーヒー牛乳だろ

40 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/04/30 23:07
>>32
これも質問だと思います
僕自身もまた競争というものに馴染めず、なんとかお情で大学は出たものの
二十代の頃は世界中を歩き回りました
孤独というものを愛するようになる、もしくは人間には元来孤独を求める何らかの遺伝子が備わっているのではないか、
と僕は思うんですね
もちろん、同じ種族の動物が生きている上で自然界の生存競争というものも
確かに備わっている、だけどそれだけじゃない、と思うんですね
人生の辛さというものの最たる部分は相対的に恵まれているとか
幸せであるとか、あるいは幸せを得るだけのスタートラインに立てるか
そのあたりだと僕は思うんです
ただ、僕はそれ以前に、もちろん生まれてきた後の努力次第で幸せを引き寄せるかどうか
といった部分はあるにしても、競争以前に決定的なものも確かにあると思う
だから、相対比較とか競争とかいうものは、人生のある一部分と考えるほうが楽だと思うんです

41 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:07
>>47
咥えてつかわす

42 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:08
fじゃfjvcwajoasvpd

43 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:08
>>1のレスに引き込まれている自分がいる…

44 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:09
昨日戦場のピアニストという映画をみてきました。
何十年も生きた人間がゴミ虫のように一瞬で命を失う、それもまたシュールリアリズム。
人間と物体とは紙一重だと思いました。

45 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/04/30 23:14
>>44
人間と物体は紙一重であるという言葉もなかなか完成された言葉だと思います
必ずしもその真意を見極めた上で全面的に賛成というわけではないんですが
それもあるんですね
映画の中にも垣間見られるという事は
そういう人生観もまた普遍的に人類に受け入れられてきた証拠であると同時に
実際にそういう部分を経験していることの証しであり、それは生きている事だと言えると僕は思います

46 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:17
親友とは何ですか?

47 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:18
>>46
ケジラミ

48 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:19
人生の旨みはどこにあると思いますか?
楽しい事?悲しい事?

49 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:20
戦場のピアニストという映画を見ました。
ユダヤ人が嫌いになりました。

50 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:20
よーくかんがえよー♪
おかねはだいじだよー♪

51 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:29
>>45
くとうてん【句読点】@「。」文章の中の切れ目。
              文章の区切り方。
三省堂国語辞典より。 


52 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:36
>>50
イヤなガキだよなあ

53 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:43
金貸し屋を利用する人間はクズ

そして>>1は逃げた

54 :Mr.名無しさん:03/04/30 23:43
【覗き部屋】
http://japan.pinkserver.com/peepingroom/index.html
|ハヽo∈
|´D`)
| ノ

55 :Mr.名無しさん:03/05/01 16:50
スレタイの真意をもう二日と考え続けて夜も眠れない。

56 :大森 ◆jgoMORIoLI :03/05/01 16:55
ワラタ

57 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/05/02 10:55
>>46
質問がちょっと漠然としすぎていて真意は掴み難いのですが
確かに今生きている環境を検めて見るということは大事な事かもしれませんね
唯我独尊的な思想でないならば、必ず親友というその人の観点からも見る必要がありそうです
親友という言葉は少し青臭い感じもしますが、大切なものなんですね
必要不可欠、とは言わないまでもそういう友があるのとないのでは
生きていく張り合いというものも随分異なるんじゃないでしょうか
私が敢えて親友を語るなら、それは一方的であると言えると思うんですね
友は喜びを倍増させてくれるものであり、悲しみを半減させてくれるもの
と言ってしまうとまるで結婚式のスピーチですが、これは結婚のパートナー以上に
親友に似つかわしい言葉なんですね
ただ、そういう友の特典を一方的に与えられるような関係ではいけないわけです
むしろこちらから一方的に友を慈しみ、己の如く思い遣り、一緒に涙を流すことが
自分の願望であるようになるならば、そのとき初めて友というものをもう一人の自分のように
あるいは全く考え方も違う人間ではあるけども、兄弟以上に身近に感じられるわけです
ですから相手から与えられる全てのものを求めない、ということができるようになったなら
それはその友が親友であると言えるのではないでしょうか

58 :Mr.名無しさん:03/05/02 11:02
人類は前向きに後退していくんですか?

59 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/05/02 11:09
>>48
これは確かに人生における永遠のテーマと言えるわけですけども
ある意味でそういうマニュアルのようなものが存在しないところが厄介なんですね
というのも、人間とは、人種、信条、性別、社会的身分など
人それぞれで在ることがまず他の生物にない天命であると言って過言ではないんです
ですから僕個人が貴方に何かを伝授するとか、明確な道を説くとかいうことは不可能なんです
とは言え、やはり宗教や自己啓発に走る人は多い
でも実はそれこそ個人の多種多様な要素が関係して自由意志でそれを選択するわけですから
それが予め決まった道しるべとか天からの声ということは、僕は無いと思います
だから全く意味のないことなのかも知れませんが、僕が考える人生の“旨み”と申し上げられる部分は
やはりもうすでに相対的に客観視して、恵まれているという事実は厳粛に受け止め、
先ず喜ばなければならない、と思うんですね
ただ、それだけで満足したり、恵まれていないから悲観する、とか言ったことは
僕自身がそうではないから解らないのだけれども、たぶんそれだけで決まらないとか
或いは自ら良い人生を切り拓くための、少なくとも可能性というものを秘めていることは
間違いなく言えるはずなんですね
良い大学に入って、一流の企業に就職し、結婚し家庭を持ち、子供に恵まれるということは
確かにそれで十分人生の良い部分を味わっていると言えないこともないけども
やはりそれで満足しない人も多くいて、思い悩む
だけれどもそれだけで満足できなければ切り拓いていく可能性があることだけでも
十分に喜べるんじゃないか、と思います



60 :Mr.名無しさん:03/05/02 11:09
>>58
そうだ

61 :良子 ◆o9rTCb2R7g :03/05/02 11:11
先生、もう少し文章をまとめてください

62 :Mr.名無しさん:03/05/02 11:11
運転士(55)が、広島県福山市の山陽線で、おにぎりを食べながら貨物列車を運転していたことが1日、分かった。

63 :Mr.名無しさん:03/05/02 11:18
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ・∀・)/< 先生!長文ウザいです
 _ / /   /   \__________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||

64 :童貞先生 ◆tT3PwVTH5s :03/05/02 11:18
>>62
こんなことを言うと非難されるかも知れないけれども
僕は人生にこれくらいの余裕があってもいい、と思うんですね
生きていくために、食べるために働くわけですが、その生きていく中でも
やっぱり美しい自然を眺めたりする心の余裕があっても許される、というか
それこそが大切なものの一つではないか、と思うわけです
もちろんある程度の共通の意識、或いはモラルのうちに社会が構成されていく訳ですが
やはり人間の本質は利己的な部分が在って然るべきとも思うし
逆にこれを善しとしないまた別の思考が合って然るべきなんでしょう
生まれてから死ぬまでの道を平坦に生きていくのも個人の趣向でしょうし
道端に咲く一輪の華に心を奪われる事も大事なんですね

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)