5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死が恐ろしくて、夜寝られません。

1 :KZ:03/04/20 03:45 ID:TdD0S6jY
30歳半ばを越え、死を強烈に意識するようになりました。
ひょっとしたら、もう人生の半分を終えたのか・・・。
いい年こいて夜中泣くこともあります。この世に自分がいなくなる
ことがたまらなく恐ろしいです。
昔つきあっていた女性が死んだこと、母親が若くして亡くなったこと。
彼女らはどこにいったのでしょうか?
あの世はあるのでしょうか・・・。

2 :KZ:03/04/20 03:47 ID:TdD0S6jY
おそらく自分は、ノイローゼでしょう。
でも怖い、怖くてたまりません。こうして夜中に妻や子供たちが
寝ていても、心臓がドキドキして寝付かれないのです。
すみません、暗いスレッドを立ち上げまして・・・。

3 :29:03/04/20 03:48 ID:lZZ+azXq
元気だせー。
大丈夫だよ。

4 :大森 ◆jgoMORIoLI :03/04/20 03:48 ID:qDjco+9z
私も寝つきが悪いせいか布団にはいると
同じ様な事考えますよ

5 :29:03/04/20 03:49 ID:lZZ+azXq
自分よりも、両親のことが、ふと心配になることがあります。

6 :キムさん@キムチ好き:03/04/20 03:53 ID:QvDj/VHE
そりゃ生への執着がつおいからニダね。
幸せな人生送っとるっつーことニダ。
死に対してあんま抵抗持っとらんウリからすっと
うらやましー限りニダよ。

7 :KZ:03/04/20 03:55 ID:TdD0S6jY
ありがとうございます。みなさん。
読んでいて涙がこぼれてきました。ありがとう。

8 :29:03/04/20 03:58 ID:lZZ+azXq
>>7
暖かいモノ飲んで、幸せなこと想像して寝るとよろし。(猫の肉球さわるとか)
おやすみなさい。

9 :エリザベス ◆nuGERIPCNY :03/04/20 04:01 ID:HUylUMYu
>>1
パパがんがれ〜

10 :KZ:03/04/20 04:21 ID:TdD0S6jY
子供の寝息を聞きながら、カキコしています。
たいび落ち着いてきました。しかし、たまに発狂しそうなくらい
ドキドキすることもあります。震えることもあります。
>>5
そうですね・・。年老いた父親はもっとつらいでしょうね。
>>9
妻や子供らの前では、前向きに振る舞っているつもりです。
みなさん、本当にありがとう。


11 :KZ:03/04/20 04:24 ID:TdD0S6jY
皆様に神(いれば)のご加護がありますように。
感謝。
普段は、短期で癇癪持ちなのですが、ここでは素直になれます。
ありがとうございます。

12 :bloom:03/04/20 04:26 ID:gYbuudMk
http://www2.leverage.jp/start/

13 :大人の名無しさん:03/04/20 04:37 ID:MIHLBSiF
小学生の頃、死んだらどうなるかを考えて、泣きそうになった。
何というか、地球や宇宙の存在についても考えた。
人類が滅亡したら、地球が無くなったら、宇宙が無くなったら・・。

まじめな話、30代になると自分の親世代の人間が亡くなるから、
嫌でも死は身近に感じるようになる。
子供の頃、じいちゃん、ばあちゃんが亡くなった時とは違うよね。




14 :山崎渉:03/04/20 04:51 ID:aoltBWWq
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

15 :大人の名無しさん:03/04/20 05:01 ID:YZwswJAn
死ねーーい

16 :(´д`;)ハァハァ :03/04/20 05:09 ID:1M0g9Hp6
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

17 :大人の名無しさん:03/04/20 05:20 ID:raCG5a3h
男の人にも更年期障害ってのがあって、その症状の中に夜、漠然とした不安や焦燥感を覚え眠れないっとかゆーのが載ってたよん。
三十後半じゃちと更年期にしては早いかもしれないけど、一度お医者さまに相談してみるってのはいかがかしら??

18 :振り向けばそこにパタリロ:03/04/20 05:22 ID:L01wnVdH
1さんはじめまして!
どんな強がり言ってるひとだって、死って怖いと思うじゃないかな?

私も13さん同様、子供のころよ〜く考えました。

21歳の時に母親が死去。小学生のころ離婚してたから、兄弟なし
の私は、一人。で、とにかく家族が欲しくて結婚もせずに子供を作った
んだけど、生きる支えになってくれてます。
今年になって、別れた父が逝去しました。そして改めて死について考え…
私が死んだら子供たちはどうなる??みたいな怖さを実感しています。
私も1さんと同じですyo

19 :大人の名無しさん:03/04/20 05:41 ID:0r5mnvsJ
http://jsweb.muvc.net/index.html

20 :大人の名無しさん:03/04/20 12:37 ID:FF68wV5T
とりあえず嫌なこと考えるのは後回しにしてる。
考えても解決できないことに時間を割いて
暗い日々を送るより
限られた人生を楽しく生きたい。

21 :大人の名無しさん:03/04/20 13:46 ID:BC80+g8w
俺の親父が今年68歳。末期癌でそろそろってとこにいる。俺34歳。親父の半分まできて、
今この現在がやっぱり怖い。こういう状況だからこそ、余計に自分自身の事まで考えてし
まう。考えても死の先なんてわかんないし、とりあえず生きている側の現実が全てだとは
思ってはいるんだけど。何かいろんな感情がぐちゃぐちゃになってる。

22 :KZ:03/04/20 14:16 ID:RltzSWKh
やはり、今を前向きに生きないといくら先のことを心配しても
どうにもなりませんね。季節の変わり目だからでしょうか。
また、夜が来るのが怖いです。真っ暗な部屋にいるとついつい
変なことばかり考えてしまいます。
会社にて心身ともに疲れる事が多く、体調もよくありません。
みなさん、アドバイスありがとうございます。ただ感謝あるのみです。

23 :大人の名無しさん:03/04/20 14:21 ID:FuTr97WD
死は生まれて来た瞬間から、生物すべてにいつか訪れる必然。
1日1日をいとおしむように生きたい。

24 :うまいモンはうまい:03/04/20 14:29 ID:XOULcoOn
>23
 1日1日をいとおしむように生きたい=2chにのめり込む

納得........いかねぇぇぇぇぇ!

25 :大人の名無しさん:03/04/20 14:40 ID:fq9Q4Dp3
>>1
まじで宗教をおすすめします。
どこの宗教・宗派でもいいから興味のあるやつを聴聞してみたら?
死への不安や恐れを取り除いてくれて、
今後の人生を楽しいものに変えてくれるでしょう。
宗教板で吟味しなされ。

26 :大人の名無しさん:03/04/20 14:41 ID:THbDXsOZ
>>13
私も全く同じようなことを小学二年生の頃に感じました。
以後、数年おきに>>1さんと全く同じような「死ぬのが怖い病」にとりつかれます。
「死ぬのが怖い病」が訪れると、しばらく生きた心地もしないような日々を送る
わけですが、取り付かれても結局そのまま生き続けていたりしているという事実や
何らかの忙しいイベントの訪れでいつの間にか忘れる、ということの繰り返し。

「死ぬのが怖い病」に取り付かれる周期、忘れる周期ともに、歳を経る毎にどんどん
短くなり、今では恒常的に死の恐怖と共存(?)できるようになってきました。
恐怖そのものはあるのですが、その恐怖と共に生きることができているというか。

27 :26:03/04/20 14:45 ID:THbDXsOZ
あと、この「死ぬのが怖い病」は、30代以降は心身の不調をきっかけにしても
起こりやすいように思うので、そちらを整えてみることもお奨めします。

鬱病もしくはパニックディスオーダーの場合もありますので、心療内科を受診
されるのもよいかもしれません。

今は都会暮らしですか?生命の力を実感できる場所への旅行もお奨めします。
九州とか沖縄とか、ハワイとか、南の島系(暑いところ)がお奨めです。

28 :大人の名無しさん:03/04/20 14:51 ID:skVTKyqa
>>1の気持ちよくわかるなあ。
私は35才だけど20才過ぎたあたりから猛烈に恐くなった。
布団の中で死ぬ事をうっかり考え始めてしまって時々
「いやあーーーー!」ってマジ声出して起き上がって部屋の
電気全部つけてテレビつけてそのことを忘れようと努力する。
死ぬってどういうことなのか、体が焼かれて埋められるって
どういうことなのか想像するだけで恐くなる。
友達は「眠ってそのまま起きないのが死ぬってことだよ」って
いうけど自分の全てが無くなってしまうっていうことが
耐えられないくらい恐い。
毎日いつもってわけじゃないんだけど、布団に入って電気を
消した瞬間にふっと「死んだらどうなるの?」っていうことが
頭をよぎって一度考え始めたらダメなんだよね。

29 :26:03/04/20 14:56 ID:THbDXsOZ
ああ、28さんの感じもすごくわかります・・・
でも最近は、「そんなこと考えても考えなくてもいずれ絶対死ぬ」
→「くよくよ考えると損(人生の持ち時間の無駄遣い)」かなと
いう達観が勝り始めてます。
死への思いがよぎったら、「あー、考えるだけ無駄無駄」と自分を
あやすことができるようになってきました。

30 :KZ:03/04/20 22:33 ID:Yt0lhjJm
>>26
同じ境遇ですね。私だけじゃあなかったんですね。
>>27
ありがとうございます。私自身少し精神的におかしいと感じております。
また昨夜は特に体調もおかしく夜中に吐きそうになりました。
会社では人事関係に関する部署に所属し、今月だけで4人にリストラ宣告を
しました。バチがあたったのでしょう。4人とも素直に了解いただけたので
よけい良心がとがめたのかもしれません。鬱病になったのかもしれません。
近いうちに、沖縄に行ってみようと思います。
>>28
また同じような方がいらっしゃるのですね。まさに私もそういう心境です。
夜が怖いです。先ほど本屋に行って輪廻転生の書籍を購入しました。
今夜はこれを読みます。
本当に皆さん、ありがとう。
暗い話題なのでsageにてカキコ致します。

31 :宗教家じゃないが:03/04/21 14:48 ID:zdNod3ZV
生きる、ということは大変なことで、ブッダはこれを
四苦八苦と言いました。すなわち、生老病死 の四苦と、
怨憎会苦(おんぞうえく)憎しみを感じるものと出会う苦しみ
愛別離苦(あいべつりく)愛するものと別れる苦しみ
求不得苦(ぐふとくく)求めることが得られない苦しみ
五蘊盛苦(ごうんじょうく)知覚、認識などが盛んなるゆえに湧き起こる苦悩
を加えた八苦です。

この苦しみを繰り返し”生きなければいけない”というのが輪廻という宿業(カルマ)
であり、それからの解脱を説くという教えが仏教の根幹にはあります。

KZさんは死ぬのが怖いということは、返して言えば、それだけ生きることが
幸せなのですね。その日一日を生きるのが辛くてたまらない人たちが
数多くいらっしゃることを思うと、死ぬのが怖いことさえ、感謝に満ちて
きませんか?

ま、苦しみは人それぞれですので、比べることは無意味ですが。

ところで、死の恐怖を考えただけでも動悸、息切れがあるとすれば、
前に何人かの方が書いていらっしゃるように、パニック症候群のような
心身症の一部かもしれません。

リストラはされた方はもちろん辛いですが、する方の苦しみも深いです。
一度診療内科を訪れてみたり、カウンセリングを受けたりなさることを
お勧めします。

へんなとこにひっかかって、壷とか買わされないようにね。

32 :大人の名無しさん:03/04/21 18:55 ID:d/WYxWr9
>>31
見知らぬ私にレスをありがとうございます。
そうですね。私自身、過去にはいろいろありましたが、
今現在は、幸せです。すべてに感謝しております。
遠い未来を嘆くより、今を楽しく生きた方がいいですよね。

言われて今気づいたのですが、確かに私は閉所恐怖症の気があります。
狭い場所にいると息がつまりそうになります。パニックになりそうに
なったこともありました。その延長かもしれません。
心療内科ですか、・・・やはり精神病でしょうね。

さすがに壺までは買いません(笑)そんなお金があれば、子供達に
残してあげます。

33 :大人の名無しさん:03/04/21 19:23 ID:zdNod3ZV
>>32
厳密に言うと、精神病と心身症は違います。
精神病は脳の器質的な原因で病が発症します。
心身症はいわゆる心の風邪です。異常でもなんでもく、誰でもかかります。
風邪は引き始めが肝心です。
早くお医者にかかれば、楽に治せます。

いいお父さん(あれ?お母さん?)と拝察します。
かわいいお子さん方のために、風邪は早く治しましょう。
お子さん方に感染ると厄介です。

34 :大人の名無しさん:03/04/21 23:36 ID:424r7FGh
人間生まれる瞬間も死の瞬間も分からんのでしょーなーもし来世があった
としても前世の記憶も残ってないし・・・・。中には少数だけど前世
の記憶を持つ子供がいるらしい。しかし大人になるに従い記憶は除じょ
に無くなってくるらしい。

35 :大人の名無しさん:03/04/21 23:39 ID:d1MtvosR
>>1
こういう説を唱えている人もいる
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569533019/qid=1050935877/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/250-5808841-8500240

36 :KZ:03/04/21 23:56 ID:N0ThYQpP
ああ、皆さん本当にありがとう。おとついに比べて落ち着いてきました。
昨晩は、パニックになることもなかったですが、朝方の4時すぎまで
寝られませんでした。
>>33
心身症ですか?そうかもしれません。たまにですが発作的にパニックに
なることがあります。
このスレをたてた時がそうでした。心身症は子供に伝搬するのですか?
症状が激しくなるとマズイですよね・・・。私自身正常でいられないかも。
>>34
どこかでそういう話を聞いたことを思い出しました。
>>35
早速購入して読んでみます。

みなさん、本当にありがとう。
皆様とご家族の、ご多幸をお祈り致します。

37 :大人の名無しさん:03/04/22 00:12 ID:Pq9Bvh9N
KZさん 心身症は伝搬はしないよ。
だけど、例えば職場や家族にうつ病の人がいたとすると、
みんな気を使ったり、遠慮したりするよね。
それが嵩じると、新たに発症する人が出たりするんだね。

身近な人であればあるほど、回りも強いストレスを受ける、
という意味だと思うよ。

では、君が平安な夜を過ごせるように遠くから祈って僕も寝よう。

38 :KZ:03/04/22 11:10 ID:Hf+ejK0h
>>35
先ほど、移動途中に購入しました。
PHPから同名の文庫がでておりました。34刷でよく売れているみたいです。
輪廻転生についての実話らしい内容ですが、何よりPHP文庫からでていることに
驚きました。夜帰ってじっくり読もうと思います。
>>37
レスありがとうございます。
そうか。悩んでいたのは自分でなくて周囲の人間だったかもしれませんね。
病院に行った方がいいのでしょうか。取り急ぎ。

39 :奉先:03/04/22 12:18 ID:58Tk6AZ1
哲学をやれ。死が怖くなくなる。
「ソクラテスの弁明」を呼んだら、死が怖くなくなった。
むしろ、死を恐れることを愚かしく感じたものだ。
死の恐怖を乗り越えると、人間は何でもできる。

40 :大人の名無しさん:03/04/22 21:55 ID:gULa5yRB
夜眠れない、という理由で心療内科を訪れるのはちっともおかしくないと思われ。


41 :大人の名無しさん:03/04/22 22:03 ID:ZxB5CgFE
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1050585754/l50

42 :KZ:03/04/23 00:40 ID:9zjUQ/N1
「前世療法」(PHP文庫)を2章まで読みました。びっくりです。
これって本当なのでしょうか?
読まれていない方がぜひ読んでみてください。
読まれた方と話がしてみたいです。

死んだ母親、弟、彼女、・・・皆どこかでいつか出会えればいいのですが。
>>41
自殺は、ぜったいにダメだと思います。詳しく書けませんが過去に何人かの
友人が自殺をしました。その家族をみて、とてもではありませんが
哀しすぎると思います。

皆様、いろいろ本当にありがとうございます。

43 :35:03/04/23 00:59 ID:y6uRJv9A
KZさん、行動早いですねw。
僕は続編の「前世療法2」も読みました。この本に出会う前に、立花隆の「臨死体験」
を読んだのがきっかけです。
結構この手の本は一時期読み漁りました。
エリザベス・キューブラ・ロスやキャロル・ボーマン、シャーリー・マクレーンなどは
この手の分野では知られていますので、興味があったら読んでみたらいいとおもいます。
輪廻とか死後の生とか、真偽は僕には結局わかりませんけど、そういう考え方もあると知ることで、
少し生きるのが楽になった気はします。

44 :35:03/04/23 02:55 ID:y6uRJv9A
参考までに

死ぬ瞬間―死とその過程について エリザベス キューブラー・ロス
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122037662/qid=1051033518/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-8095833-4188364
「死ぬ瞬間」と臨死体験 エリザベス キューブラー・ロス
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4643961147/qid=1051033518/sr=1-7/ref=sr_1_2_7/249-8095833-4188364
子どもはみな前世を語る キャロル ボーマン
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569620841/qid%3D1051033739/249-8095833-4188364
アウト・オン・ア・リム シャーリー マクレーン
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4042798012/qid=1051033822/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-8095833-4188364
臨死体験〈上〉〈下〉 立花 隆
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167330091/qid=1051034006/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-8095833-4188364

45 :大人の名無しさん:03/04/23 08:36 ID:2gXpohfW
>>44-45
ご返事ありがとうございます。
結局3章まで読んで寝ました。この「前世療法」に記述されていることが
真実ならば、人生はなんと輝いていることでしょうか!
単純かもしれませんが、肩の力が少し抜けたような気がしました。
引き続き読んでみます。

46 :大人の名無しさん:03/04/23 08:56 ID:9351nHXk
昨日は眠れ〜た〜?♪

47 :26:03/04/23 12:49 ID:nbUFWHdj
私も閉所恐怖症気味。「死が怖い」のと何か連関がありそうですね。
よくよく自分を観察すると、閉所ならいつでも発作が起こるのではなく、
「風邪気味」「のどが渇いている」「運動直後で息切れ」といった呼吸
の不安定な状態の時に誘発されやすいようです。閉所≒窒息≒死という
連想なのでしょうね。なので、閉所恐怖が襲ったときには「お茶を飲む」
「うがいをする」という行為で症状が落ち着くことがあります。

阿木耀子が老いを語る連続番組にメインゲストで出演していて「私は輪廻を
信じてるから死は怖くない」と言っていて、最初DQNか?と思ったのですが、
よく聞いてみると、よりよく生きるためにそのように達観するようにしている
というような趣旨でした。むしろ、死に対する現実的な(気持ちの)覚悟は
平均的な人よりもしっかり持っているという印象を受けましたし。

48 :26(続き):03/04/23 13:01 ID:pkHDDmA4
で、翌日のゲストのイルカもなぜだか同じような事を言っていて「死は卒業
のようなものだと思っている。悲しいけど仕方ない節目で、祝うべき新しい
出発でもある」とも。

祖父母を病気で看取った時の経験から言うと、実際の死の恐怖というのは
「死の瞬間と死に至る闘病」の一回きりのもので、それもどちらかといえば
「肉体的な苦しみ」が大きいように思います。というか、死ぬのに精一杯で
「死ぬって何?死んだらどうなる?」とか考えている余裕はない。
(もちろん肉体的症状が緩やかな段階、意識がはっきりしている段階では闘病者
もそれを思いますが。)

つまり「死と死後が怖い」というのは、まだしばらくは生き続ける可能性を
持った人に特有な「生きる苦しみの一種」なのではないでしょうか。

49 :KZ:03/04/24 08:35 ID:SCfeqOoS
>>47
こんにちは。驚きましたが私も同様な経験をもっております。
閉所恐怖症で込んだ電車内や、長距離バス、飛行機内では息がつまりそうになり
逃げ出したくなる症状もっています。やむなく利用せざるを得ない時は
飲み物を用意しています。貴殿がおっしゃられるように閉所≒窒息≒死という
連想のようです。一方、「前世療法」を読みましたが、これによれば
過去にそれに関連した経験があるのかもしれません。
引き続き「前世療法2」を読んでみようと思っています。
皆さんありがとうございます。なんとか夜は寝られるようになりました。

50 :大人の名無しさん:03/04/24 09:19 ID:oB/DdBW9
一回死んでみたら?

51 :大人の名無しさん:03/04/24 09:27 ID:NUeIHdX5
死が怖くて眠れないという過程は
子供の時代に誰もが成長過程の心理発達で
経験済みだと思ってたけど30過ぎて未だに
こんな事で眠れないという人がいるのですね。
おさないですね、あなた。

52 :大人の名無しさん:03/04/24 09:55 ID:YGwj2kOA
気になっているからかきこみしてるくせに(笑

53 :大人の名無しさん:03/04/24 10:44 ID:gMhHDtAe
死の怖さを感じる能力(?)は、抽象的な事柄を掘り下げる能力によって
個人差があると思うから、一概に「幼い」では片付けられないと思うけどな。
あとは身近に壮絶死とか若年死した人がいる人と、今もって同居中の近親の
死に立ち会っていない人とでも、大分感覚が違うだろう。

いまだに・・・というより、「老い」に向かう過程に入って再び別の次元で
気になり始めたりもするんじゃないの。

54 :大人の名無しさん:03/04/24 11:13 ID:00qCtJuC
 煽りだと思うけど、>>50にも一理あるんだよね。
経験したことがないから死が怖い。かと言ってこればかりは経験するわけにもいかない。

 私は今まで何度も死にかかったこともあって、正直、死は怖いと思わない。
死よりも苦痛のほうが怖い。「死と苦痛は別物」って悟った。
もっとも、最初に死にかけたときには、KZさんと同じことを考えた。本当に怖かった。
でもね、繰り返し死にかかると慣れちゃうんだよね。
だから、KZさんも「死を恐れる自分」を受け入れて、
今の情況に積極的に慣れちゃってくださいな。

 最近、私は夜眠って、朝目が覚めなかったらどうしよう、とか考えて不眠症気味。
それくらいに体調が悪いんだけど、そうなったらそうなったで仕方がないと諦めてます。
ま、これもそのうち慣れてなんとも思わなくなるでしょう、きっと。

55 :大人の名無しさん:03/04/24 14:01 ID:QQQ++bjT
死ぬのが怖い、というのは、深層心理で生きる意味を模索する状態、
と聞いたことがある。
よく死ぬことは、よく生きた証ということか?

56 :大人の名無しさん:03/04/24 14:45 ID:a5392I9F
生まれ変わり見たいのが本当にあるのか知らないけど、それで思い出した。
「人生どれだけ得するか。自分が気持ちよければいい、結局みんなそれが本音でしょ。人生一回きりなんだから」
と公言して、自己中な行動ばかりとる奴が会社にいて鬱になる。
やりたくない仕事は「あ、俺逃げるから」「俺やる気ないから」無理にやらせるとわざと酷い仕事をする。
上司は事なかれで見てみぬふり。
いちばん呆れたのは「東京に大地震が起きたら、倒壊した家に入って色々盗めるねw」と言ってた事。
しかも来客にまでその話をして客が絶句してた。

57 :大人の名無しさん:03/04/24 23:43 ID:CkwJ5hAq
深層心理どころか、死ぬのが怖い時は「生きる意味が分からない」ということに
ついてはっきり考えているなあ。
最近は「意味なんか誰にも与えられない」「考えたってわかんないもんなあ」と
諦めてきてますが、深いところでは「絶対的な存在意義(理由)がない」ことに
緩やかな絶望を持ってはいます。

58 :KZ:03/04/25 00:25 ID:wGewBKb7
「前世療法」を読み終えました。20日の晩にはおびえていた私が
すっかり癒された感じがして不思議な気分です。この2ちゃんねるで
紹介いただいた書籍は結構売れている本のようです。
私と同じ悩みをお持ちの方はぜひお読みください。
ただ人生が何度もあるから、傍若無人にふるまっていいとか、自殺しても
かまわないというのは違うと思います。
単純に輪廻転生を信じるわけではありませんが、この本を読んで肩の力が
抜けたような気がします。周囲の人皆に感謝したい気分です。

59 :35:03/04/25 01:42 ID:bFi/p4PL
KZさん、それはよかったです。
もし輪廻転生が本当にあるのだとしたら、はるか昔に別の土地で、別の名前をもって生きていた
ということになるわけですから、とても不思議な気持ちになります。何かドラマチックですよね。

60 :大人の名無しさん:03/04/25 02:35 ID:BkKowzP9
人生一度だから自分が得したいってこと?
哀れな奴だなそいつは

61 :60:03/04/25 02:39 ID:XU5SHAmm
>>56のことね

62 :大人の名無しさん:03/04/25 22:20 ID:5fDWotAE
KZさん 少し気持ちが落ち着いてよかったです。
閉所・高所恐怖は幼少時のトラウマに原因がある時もありますが、
心当たりはありませんか?
精神分析や催眠療法で効果があるかもしれません。

63 :KZ:03/04/26 21:59 ID:UbHbtS9R
紹介いただきました「前世療法2」も読み終えました。
不思議な感動でいっぱいです。家族友人知人を含め、縁というものの
幸せをしみじみ感じております。
魂も進化するというマスターの話もなんとなくですが理解できるような気
がします。宇宙を含めたこの世というのは遙かに想像を絶した複雑なもの
なのかもしれません。私の稚拙な質問にお答えくださった皆様、ありがとう
ございました。また迷ったときはお力添えくださいませ。
心よりご多幸をお祈りしております。

64 :KZ:03/04/28 22:26 ID:1IFZeIfu
思うところがあって、googleにて前世療法を検索したところ、
五千件を越すHPがあり、びっくりしました。
ゆっくり読んでいこうと思います。

65 :35:03/04/29 02:32 ID:kY/q4STH
KZさん
実は以前知り合いに「前世療法」を薦めたところ、本人が非常に衝撃を受け、
自分の前世を探るためにセラピーを受けに行きました。
その人は家庭のことでとても悩んでいて、自分の生きる意味を見失って苦しんでいました。
自分と夫の関係が前世にも関係しているのではないかと思ったようです。
でも、本にあるようにはっきりしたビジョンは見えなかったそうです。

「前世療法」著者のHPです
ttp://www.brianweiss.com/


66 :大人の名無しさん:03/05/03 23:00 ID:WWm4I5iz
そんな不安持っているとは。
俺なんざ、低所得自営・貯金資産なし・独身だが
全然不安がないのだが。

67 :大人の名無しさん:03/05/03 23:02 ID:j6iBkJcQ

http://www.piss-girls.com/7221621/j025.jpg




68 :大人の名無しさん:03/05/03 23:25 ID:4hgs7hQ7
>>66
精神が豊かな人でつね

69 :大人の名無しさん:03/05/03 23:44 ID:to78UQWy
一家の話題で「幽霊」を話していたとき、ばーちゃんが、
「死んだ人がもう一回出てきてくれるなんて、なんちゅう素敵なことやろう。
何を怖がってるんやろか?
いや、わたしもな、じいさん出てきたら、言うことあるねんけどなあ、わはは」

これで少し、死後への恐れが軽くなった。

「いやでもわけもわからず、死ななければいけない国があるんですよ。
自分の死の意義を考えられる、それは妻や子のためでも、他のためでも、
何でもいいんです、それは幸せなことですよ」

知り合いの自衛隊員に聞いた話で、ちょっとだけ考えた。

死が怖くないわけがない、でも、ある意味前向きに考えられるきっかけになった。

70 :大人の名無しさん:03/05/03 23:53 ID:yH8f3Oqz
オセロに例えて、自分が生まれてから記憶がある周りの知ってる人、また知ってた人を
思い浮かべる。近所の人、親戚、知り合い、家族。。。

まだ生きてる人を白とし、死んだ人を黒とする。

だんだん黒が増えてくる。。。あー鬱だ。。。

あっ、なーんだっ、そうだ、これからどんどん知り合う人を増やせばいいんだ。
そのうちの一人が、わが子、そのわが子の子、そのまた。。。。






71 :大人の名無しさん:03/05/04 00:23 ID:00yKTvVV
人間は産まれながらにして死刑囚

72 :大人の名無しさん:03/05/04 00:33 ID:9AynHN3c

★一重★目が細いか小さい★目頭がほとんど無い★ツリ目かトガリ目★
★ヨリ目★眉毛がかなり薄い★目と眉毛の間が広い★ハの字眉★
★肌が茶色い★ヒゲが薄いか生えない(男性限定)★
★スネ毛など体毛が薄いかほとんど生えない★歯が大きい、または出っ歯★
★頬骨が強く張っている★彫りが極端に浅く、起伏に乏しい★
★うりざね型の面長★絶壁頭(過短頭)★


以上のうち4つ以上該当すれば朝鮮

73 :大人の名無しさん:03/05/04 01:24 ID:gUbC+J9M
そうそう、重大な病気が怖いというパターンの恐れ方は心気症というのだ
そうですよ。

74 :大人の名無しさん:03/05/04 01:58 ID:EzwcKdlJ
老人介護の仕事をしてるから、死を身近に感じることが多い。
だけど私にとっていま一番恐いのは、痴呆である。あと 身体の
自由がきかなくなっても、意識だけはっきりしてなかなか死ね
ないこと。。。

75 :大人の名無しさん:03/05/04 02:08 ID:tprFyFSh
死んだらどうなるのか?輪廻があるのか?ってのは判らないけど、
死んだ人の魂?っていうか、そんな感じのものは存在すると思うんだよね。
若くして亡くなった友達や、お祖父さんお祖母さん、お世話になった人達が
自分を見守ってくれているって感じをよく受けるよ。

こんな事書いてるとデムパさんっぽいけど、
きっと自分が死んでも全てが無になる事なんてないと思う。
色んな人が自分を見ているんだから、胸を張って太陽の下を歩けるよう、
人の道に外れたような真似だけはしないように生きていかなきゃなって思うよ。

76 :大人の名無しさん :03/05/04 02:14 ID:b7VbuQp3
>>1
「生きがいの創造」を読むのがいいでしょう

77 :大人の名無しさん:03/05/04 02:41 ID:2epnHyFz
死を恐れることはない。

それが訪れたとき、もうあなたは存在しないのだから。

78 :大森 ◆jgoMORIoLI :03/05/04 02:44 ID:zLsMdW3N
いつか死ぬって言われても怖くないけど
存在が消滅するって言われると怖いね

79 :大人の名無しさん:03/05/04 04:18 ID:Fuw8SdBz
病気であと1年とか期限がわかればいいけどさ、いきなり事故で死んだら
きついな。
日記とかいろいろ見られたくないものあるから。
今のうち処分しておくか。

80 :大人の名無しさん:03/05/04 06:44 ID:eT9BlUiD
生まれる前を想像すれば良いんだよ。

81 :大人の名無しさん:03/05/04 19:35 ID:joRhfDVo
苦しまないのだったら死は恐くないな。

82 :大人の名無しさん:03/05/04 19:37 ID:iahs8DtA
確か幼稚園の頃、人はいつか
死ぬということを知り、死ぬとは
どういうことかとものすごく恐ろしく感じた
ことがあった。

83 :大人の名無しさん:03/05/04 20:13 ID:cIqeUr/Z
俺も最近、特に「死」を意識しだしたなぁ。
今あるパソコンとかソフトとか、結構お金つぎ込んでるから(自分でそう思ってるだけ)
あと、バイクに乗ってるので、死んだり怪我したりしたら年老いた両親を
悲しませるんやろうなぁ(独身なもんで)
でも、死んだらどこに行くってことは、考えたことがない。

84 :大人の名無しさん:03/05/04 20:19 ID:VZxVr0yO
私は生きた そして消える.
 
 映画A.I.のロボットジゴロ、ジョーの言葉だ。
 シンプルでいー台詞を言ったので漏れはヤシのファンだ。

85 :大人の名無しさん:03/05/04 20:39 ID:ubWhVHBv
映画A.I.は、哀しい内容だった。
ラストなんかも涙がとまらなかった。

86 :大人の名無しさん:03/05/04 21:11 ID:VZxVr0yO
私は生きた そして消える.
 
 ジゴロのジョーは喜怒哀楽を見せずに無表情に言ったわけ。
 我々人間が淡々と同じ台詞を言えるようになるのはあと
 どれほどの時間が必要なのだろうか?
 まあ、喜怒哀楽を感じたくて今の人間は人間になったんだ
 ろうけどね。




87 :大人の名無しさん:03/05/04 21:33 ID:RnErTgy8
人間以外の生き物はそれなりに淡々と死ぬと思われ。
人間と同じ意味では死を理解していないだろうから。

>>74
確かに、具体的な死を見ると、死そのものより死に方が怖くなるね。
死に方は生の一部だから、死そのものより身近な問題だし。
眠るように死にたい。

88 :大人の名無しさん:03/05/04 22:39 ID:myB9dROM
木更津キャッツアイっていうドラマを見るといいと思う。

89 :大人の名無しさん:03/05/04 22:54 ID:KiHIAcI1
スレ読んでて、仏教の論争を思い出した。
こういうのが原点となって、宗教ってできるのかね。

まあ、なんだ。今日生きてたから、良しとしよう。おやすみ。

90 :大人の名無しさん:03/05/05 02:18 ID:JHXXJuru
なんという、はかない人生!
毎日をせいいっぱいいきましょう。


91 :大人の名無しさん:03/05/05 02:48 ID:7NiWmz9H
私も>>1と同じ事を小学校の時に考えて怖かった
また同じ事考えたらと思うと怖い
脳みそが考えないようにしてるみたいな気がする

92 :大人の名無しさん:03/05/05 20:40 ID:t/jNsFv5
若葉の季節に想うようになった、新たな生命の息吹は素晴らしい。
・・・なんちて。


93 :大人の名無しさん:03/05/05 20:46 ID:t/jNsFv5
>人間以外の生き物はそれなりに淡々と死ぬと思われ。

人間も変化してるみたいよー.


94 :大人の名無しさん:03/05/05 20:56 ID:XfOhOiG+
この前黒沢明の「生きる」をビデオで借りて見ました。ちょっと元気に
なりました。この世の中に自分がいた証を残すこと、それがどんなに小さな
ことであっても。死への恐れを忘れるくらい、一所懸命生きること。それが
大切なのではないでしょうか。

95 :大人の名無しさん:03/05/05 20:59 ID:67NJyxEO
>>94
>この世の中に自分がいた証を残すこと
そういえば、俺若いとき、こんな事考えてた。
思い出させてくれてありがとう!
ちょっと悩んでる事があったけど、頑張る!

スレ違いスマソ

96 :大人の名無しさん:03/05/06 23:05 ID:/63mlTLe
幼稚園になる娘が、最近、わたしもおばあちゃんになるの?
と、聞いてきます。いつかはね、と返事すると泣き出します。
パパやママは、どうなるの?とも聞いてきます。
ずっとそばにいるよ、と安心させます。
子供には長生きして欲しいと心から思いますね。

97 :大人の名無しさん:03/05/06 23:19 ID:F7gk8E8g
ああっ、こういうのって自分の事以上に困るかも・・・

親とか配偶者が自分より先に死ぬというようなシチュエーションで、
死ぬ辛さとか怖さを切々と訴えられたら自分はどうしたらいいんだろう、
と思うことがあります。
今年母が入院し、大した手術ではなかったのですが、術後の苦しみを
訴えられた時には本当に困りました。

98 :大人の名無しさん:03/05/06 23:56 ID:e0/ATEu3
元・日本陸軍のじいちゃん、
空襲の下を、親父の手を引いて生き残ったばあちゃん。
戦争が終わって、一家の誰も死ななかったことは奇跡に近い。

あまり、戦争の体験を話すことはなかったじいちゃんだが、
「家族揃って生きられて、順番に死ねるほど幸せなことはないぞ」と、
あの世に旅立つ前、話していたことが忘れられない。

すまない、レスにならなかったか。

99 :大人の名無しさん:03/05/07 00:26 ID:3u1WhEEs
うちの婆さんは、宗教に凝っていて死ぬのなんて、なんともないと
常日頃言っていた。しかし3年前ころ入院すると検査等でつらく、
病院から抜け出したいと愚痴ばかり言っていた。
やはり、病気がよほどつらかったのだろう。今は元気だが。

100 :大人の名無しさん:03/05/07 00:48 ID:yS1ymhJj
>>74
私も同じ考えです。
だから、あっさり死ねたらとても幸せだと思っています。
でも、死は怖い。怖いのは、自分の死じゃなくて
両親や主人など、とても好きな人。
情けないし弱いとは思うけど、残されるのは辛いなぁ・・・

101 :大人の名無しさん:03/05/07 02:10 ID:h4AH0oxt
>>99
私の知っている限りでは、「死ぬのが怖くない」「死にたい」とか言ってる人
の方が死に際にじたばたするなあ。
「死にたくない」が口癖の爺さんは、死に際が潔かった。
十分生きて、あっさり死んだ、みたいな感じだった。病死だけど。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)