5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

=== 岡田有希子(−人−)合掌四 ===

212 :週刊実話2001年10月18日その1:03/05/31 02:18
(前略。)
> とてもじゃないがにわかには信じられなかった。
>  というのも、私は彼女とドラマで共演して以来ずっと親
> しくしていたのだ。1人でフラリと私の経営していた六本
> 木の店を訪ねて来ることもあった。もちろん彼女が親しく
> していたのは私だけではないだろう。しかし、少なくとも
> 私は、あるときは兄のように、そしてある時は親友のように
> 慕われていると自負していたのだ。
>  実際、よく相談を受けた。とにかく彼女は感受性の強い
> 子で、トップ・アイドルであることに神経質になっていた。
> 私は彼女の話を聞きながら、アイドルというのは端で見て
> いるほど楽じゃないなと何度も思った。ヒット曲は出さな
> ければならないし、いつもだれかに見られている。彼女は
> 人の視線を終始意識し、アイドルとして行動する自分は、
> 果たして本当の自分なのだろうかという戸惑いを感じてい
> たのではないかと思う。

454 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)